Interview004

管理本部 / 財務経理

Ryoya Yuasa

入社5年目

新卒入社

人と関わって、人の役に立てる仕事を選択。

私は新卒入社ですが、人と関わって人の役に立てる仕事がしたいと思って業界を絞らずに就活をしていました。当社を選んだのは、通信・金融・介護などの多彩な事業を展開していて、色んな仕事に挑戦できると思ったからです。「まずは営業から」と考えていたので、各事業に配属された自分を想像してみました。その中でしっくりきたのが、目に見えない保険という商品を提案する自分。それで保険事業に配属してもらいました。風土はアットホームで、先輩たちは時間を惜しまずに教えてくれましたし、目標を達成すれば全力でほめてくれました。

自分の専門知識で、人生の役に立てる喜び。

保険事業では、来店型保険ショップでお客様に保険商品を提案します。お客様は保険料などに不満を感じて来店されますが、不満だけでなく暮らし向きや人生設計をヒアリングしながら、必要な保険と不要な保険を説明していくんですよね。仕事の最初のハードルは、生命保険募集人や損害保険募集人の資格をとること。そして、大手保険各社の多彩な商品を覚えることでした。準備は万全でも、加入条件や審査の独特ルールやメリットをかみ砕いてお伝えすることは、想像以上に難しかったです。その分、お客様の人生の役に立てる喜びは大きいですね。

営業から経理へのキャリアチェンジに成功。

実は入社3年目に経理にキャリアチェンジしました。資格がより一層活かせる仕事がしたいと思ったんです。バックオフィスの仕事に就きたいとは思っていなかったので、働く中で新たに気づいた適性とやりがいですね。社員や会社の役に立てる仕事ですので、人の役に立ちたいという入社当初の思いも満たしたままです。今は管理本部で経理全般を担当していますが、経理の数字を分析することが主な役目です。目標は、管理職に就いて予算策定や管理会計といった経営管理の本質的な部分に携わること。経営に提言できる自分が、思い描く理想の姿です。

営業力は、経理でも活かせる万能なスキル。

営業で培った想像力が、経理の仕事に活きています。経理は、業務の効率化にしろ、資金の増やし方にしろ、各部門からの情報収集にしろ、理想を頭の中で思い描いて新しい対策をとりますので、想像力こそが成功への出発点なんです。また、営業出身だからこそ固定観念に縛られない自由な発想ができますし、経理と営業の視点から両部門にメリットのある最適解を見つけ出すこともできます。当社は営業力という万能なスキルを磨くことはもちろん、色んな事業や仕事に挑戦できる会社です。だから不安よりも期待を抱いて入社してほしいと思います。